ダフリやトップをなくすには、デンデン太鼓がヒントになります。

ゴルフ トップ ダフリ

ゴルフ初心者は、とにかく力んでしまう事が原因で、色んなトラブルを生じてしまいますね。

ダフリやチョロなども、上半身の力みから生じる事が多いのです。

そして、いざ本番のゴルフコースに出向いた際、気持ちが高揚して平常心のままプレーがなかなかできないのが、これまた初心者のつらいところですね。

力むなと言われても、ボールにうまく当たるかどうか心配で、ボールを眺めているうちに、ついつい腕に力が入ってしまうのが現実です。

テレビで、プロのスイングを見ていると、きれいなスイングで我々初心者のスイングとは全く違います。

一体、どこが違うのでしょうか。

上半身に力が入るとなぜいけないのか

ゴルフスイングは、おもちゃのデンデン太鼓のようなスイングが基本と言われます。

デンデン太鼓の縦の棒は足から腰、背骨、頭を直線的に一本の棒として想像するのです。

その棒に、まとわりついている糸と玉が腕とクラブとなります。

その糸を、硬い針金状のものに変えますと、いくら縦の棒を回転させても、糸はきれいに回転しません。

その場合、硬い針金状の糸が自身の力(糸の力)で回転動作をしなければならないのです。

つまり、縦の棒と糸が独自の動きとなり、きれいな動きや音が鳴らないのです。

これが、初心者のゴルフスイングに似たところがあるのです。

上半身に力が入りすぎるということは、体の軸と腕とが一体にならず、バラバラなスイングになってしまっているのです。

その為に、スイング軌道が一定せずに、ダフリやトップが起きてしまうのです。

縦の棒(軸)を主体にした、アドレス(構え)

それでは、デンデン太鼓の縦の棒であります軸をしっかり完成させるには、次のポイントを意識する必要があります。

①アドレス(構えた時)は、腰から頭のてっぺんまでが一直線であることを意識する。

若干、腰の位置で前傾になった上半身は時計の12時の方向を意識して真っすぐ直線的に立ちます。

②腕は、力を抜いてダランと6時の方向に下ろします。

上半身は、腹筋と背筋を意識して直線的になりますが、腕は方からそのまま真下の6時の方向に下ろせばいいのです。

以上が、アドレスの基本です。

軸は横回転、腕は縦回転になります

上記の縦の棒を主体としたスイングは、基本的に縦の軸(足から腰、背中、頭)のラインは、横回転になります。

その回転エネルギーから伝達された腕の動きは縦回転になります。

その時、ボールの位置が頭のてっぺんを12時とした場合、真下に下ろした腕の位置にあれば、あげた腕がそのまま下ろした位置にボールがありますから、自然と当たるようになるのです。

スイング(回転)の原動力は下半身の動きです

デンデン太鼓のようなきれいな糸の動きを行うためには、腕や肩などの上半身に力を入れるのではなく、ダランと下に垂らした状態より、体の軸の動きにつられて動くのが基本です。

その為の、軸の動きの基本となるのが下半身の動きとなります。

例えば、バックスイングの起動のエネルギーも、腕の力で始めるのでは無く、下半身の動きにつられて腕が連鎖的に動くようにします。

そして、右足の足の内側の付け根にトップではパワーを為、そのパワーを左足の内側の付け根に移動させる動きが原動力となります。

下半身のパワーをもって、デンデン太鼓のようなスイングは生まれるのです。

副業情報関連記事

関連記事

ゴルフ上達 ハムストリング

ゴルフの上達方法のカギは、背中、ハムストリングを鍛えるべし

ゴルフクラブ買い替え

クラブを買い換えするだけでスコアも飛距離も変わる!

ラウンド前に抑えるポイント

ラウンドデビューをするまでに抑えておきたい4つのポイント

ショートコース

ゴルフを始めるならショートコースからがおすすめ