ゴルフを始めるならショートコースからがおすすめ

ショートコース

近年では女子ゴルフの人気などでテレビでもゴルフに関する番組が多かったりなど、ゴルフブームが起こっています。

ゴルフは若い人から年配の方まで楽しめるスポーツとして性別年齢に関係なく人気がありますが、「ゴルフって敷居が高い」「お金がかかる」などのイメージを持った人も少なくありません。

確かに打ちっぱなしでしかクラブを触ったことがない人が、いきなりドライバーを片手にコースに出るのは抵抗があると思います。

そこでゴルフ初心者や、ゴルフに興味のある方におすすめするのがショートコースです。

ショートコースとは簡単に言えば、よくテレビのゴルフ中継で使われている本コースと違い、短くできたコースであり初心者におすすめのコースです。

ショートコースは本コースとは違いドライバーを必要としないので、大きくスライスしたり、派手にOBをしてしまう心配もあまりありません。

ここではそんな初心者におすすめのショートコースでのゴルフの楽しみ方をご紹介します。

まずは打ちっぱなしで感覚をつかみましょう

ゴルフクラブを手にしたらコースに出たくなるのが心情ですが、はやる気持ちはおさえてクラブの感覚をつかむ必要があります。

ショートコースを運営しているゴルフ場にはよくある打ちっぱなし施設があるので、まずはそこでクラブの感覚をつかみ、飛距離などの距離感を確認することが大事になります。

ショートコースで必要となるクラブは主にアイアンとパターだけなので、打ちっぱなしではアイアンの感覚を養いましょう。

因みにショートコースで推奨するアイアンは飛距離100ヤードを目安に7番アイアンとピッチングアイアン、バンカーを想定としたサンドエッジと、グリーン用のパターがあれば問題ないでしょう。

必要なクラブがない場合は数百円でレンタルが可能なので、そちらを活用すれば問題なくコースを楽しむことができます。

ある程度感覚をつかんだらコースへ

打ちっぱなしで感覚を養ったらいざコースへ出陣です。

いざ出陣と言ったところで、ショートコーナーを利用される人は気軽にゴルフを楽しみたい人や、初心者の人も多く利用されているので、初めてだからといって萎縮する必要はありません。

できればコース経験者の人が一緒ならいいのですが、そうでない場合は最低限のマナーを心得てコースに挑めば問題ないでしょう。

ショートコースは本コースと違いホール数が少ないことも特徴です(コースによっては18ホール存在するゴルフ場もあります)。
ですので基本的には9ホールを回り、平均Parは3程の構成になっています。

このヤードの短さとPar数、ホール数が初心者に適していると言える一つの理由です。

ショートコースはナイターもおすすめ

初心者におすすめのショートコースですが、いくら初心者向けのショートコースとはいえ、やはり費用は必要です。

ショートコースは1回コースを回るのにだいたい3000円程必要です。

そこまで高くない金額ですが、ゴルフが初めての人にとっては「続くかどうかわからないのに3000円?」と思う方もおられると思います。

そこでおすすめしたいのがナイターを利用してショートコースを楽しむ方法です。

その名の通りナイターは夜の事を指しますが、ゴルフ場によってはナイター営業を行っているところがあり、ナイターでの利用なら安いところだと1500円程でコースを回れます。

初心者や初めての方、特にクラブを一切持ち合わせていない方には特におすすめで、クラブのレンタル費用を含めても2000円程で済むので是非ナイターの利用はおすすめです。

まずはショートコースで感覚を育てよう

ここまでゴルフ初心者におすすめのショートコースについてご紹介しました。

ゴルフは競技におけるルールだけではなく、服装やマナーなども意識しなければならない紳士なスポーツでもあります。

本コースに出る前に、ショートコースを利用して競技の感覚を養うと同時に、ゴルフに関する服装やマナーなど様々な経験を得る事をおすすめします。

副業情報関連記事

関連記事

ゴルフ トップ ダフリ

ダフリやトップをなくすには、デンデン太鼓がヒントになります。

ゴルフクラブ買い替え

クラブを買い換えするだけでスコアも飛距離も変わる!

ゴルフ上達 ハムストリング

ゴルフの上達方法のカギは、背中、ハムストリングを鍛えるべし

ラウンド前に抑えるポイント

ラウンドデビューをするまでに抑えておきたい4つのポイント